kyotokoto

N° 36

Around Everyday Life

Mar 27, 2016

本満寺の桜

Sony NEX-6 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Kyoto 2016

ついに桜のシーズン到来!
暖冬で今年の桜はすごく早いのかと思いきや、意外ともう3月末。今年はなんとなく、梅と桜の間隔が短い気がします。

Sony NEX-6 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Kyoto 2016

今日は咲き始めた桜を追いかけて自転車で何箇所か、まわりました。久しぶりにカメラはNEX 6。ファインダーがあるのはやっぱり楽しい。でも撮った後、画像をMacで見たときの感動がほぼ皆無…。まあ僕の腕前の問題かもしれないですが。

Sony NEX-6 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Kyoto 2016

Sony NEX-6 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Kyoto 2016

特にカメラも持たずに桜を楽しむ人って、なんだか風情を感じます。
カメラを持っていると、いい写真を撮ろうと必死さが出てしまって、落ち着いて観れてないのでは。

台湾旅行

台湾の旅

台湾の旅

シルバーウィークにヨメと台湾に行ってきました。
日本と同じこともあれば全然違うことも多く、とても刺激的で楽しい旅でした。日本語で対応してくれる店も多くて、外国だけど日本の延長みたいな感じ。

シャカトウ

釈迦の頭みたいなシャカトウというフルーツ。日本ではなかなか見ないですね。

お茶

美味しい、心休まる台湾のお茶。お茶自体も美味しいけれど、一杯ずつ小さいカップに入れて飲むことが、ゆったりと時間を過ごすことができ、気持ちが落ち着く。
今回もメインはフィルムなので、現像が上がれば続きを書きます。

鉄道寮新橋工場

まだまだ続く明治村探訪

まだまだ続く明治村

明治村にある建物はどれもアンティークで、味のあるものばかり。でも、昔はこの建物が当たり前にあったわけで、いかに日本の街がスクラップ&ビルドでできていることに気づかされます。

明治村
明治村

明治村はなんだかとても自然で、気持ちのいいところでした。バスとかも便利だし、自然にふわっとみんな笑顔。

明治村

帝国ホテル以外で一番魅力的だった鉄道寮新橋工場。このガラスの窓がとてもステキで、窓から入る光も陰影が美しく、独特のキャラクターがありました。

明治村
明治村
明治村

少し曇ったガラスがステンドグラスのようでもあり、ステキです。家にも、こんな窓がほしいなぁ。

明治村

明治村

GWの明治村の続きです。明治村はとても広くて、見所も帝国ホテルだけではなく盛りだくさん。今回日帰りで行ったので、フルに一日まわっても全部は回りきれませんでした。

明治村

明治村 5丁目には監獄がいくつか。まわりの景観がいいからなのか、監獄だけどいい感じに見えました。

明治村
明治村

明治村には東京駅から名古屋駅まで機関車が走っています。東京から名古屋まで一駅で、約5分ほど。機関車が新幹線よりも速いなんて!
連結を見守る子ども達の姿がかわいらしい。

明治村

ヨメさんは売店でぺろぺろキャンディーを見つけて嬉しそうに食べてました。(この後、歯茎まで真っ青になりました)

明治村

東京と名古屋の両駅では毎回連結が見れます。ヨメさんは連結したあとの、おっちゃんのドヤ顔がスゴかったと言ってました。Don’t miss it !!

明治村 旧帝国ホテル

GWで賑わう明治村

学生の頃から

昔々、よく晴れ渡ったGWのこと。僕たちは明治村に遊びに行きました。
一番の目的は何と言ってもフランク・ロイド・ライトの旧帝国ホテル。「ライトの建築を直に見たい」という学生の頃からの願望が遂に達成できました。

明治村 旧帝国ホテル

これがフランク・ロイド・ライト設計の旧帝国ホテル。全体を移築してくれればもっとよかったのですが、玄関部分だけの移築です。

明治村 旧帝国ホテル
明治村 旧帝国ホテル

凝られた窓の装飾を通して入ってくる自然光がとてもきれいで、ドラマティックな空間に感じます。あんまり満足いく写真が撮れなかったのですが、撮るだけで絵になる空間です。

明治村 旧帝国ホテル

ガイドのおじさんも言う通り、とても細部までもこだわったスゴい建築。この窓のキラキラはひとつひとつ、ガラスとガラスの間に金箔が挟まれているそうです。

明治村 旧帝国ホテル
明治村 旧帝国ホテル

明治村にある移築されたのは、玄関部分だけ。ホントはその後ろにもっと大きなホール部分があったそう。現存するのはプロローグで、この後に本番の空間が広がっていた。とても、とても想像が追いつきません。

明治村 旧帝国ホテル
明治村 旧帝国ホテル

いくら撮っても撮り足りないような、刺激的な空間でした。次(があれば)はフィルムで撮りたいなぁ。

祖父

レンズのメッセージ

レンズのメッセージ

祖父が他界したその日、僕が最近愛用しているSummitarというレンズがクモリました。その時は、どうしたのかな?と思った程度でしたが、今思うと何かのメッセージだったのかな。

前日の雨の夜

ただ実際には、前の日雨で、それを撮っていたからかもしれません。でも雨の日に使っても、それまでも・その後も曇ったことはありません。

祖父の家の甥っ子達

そんなレンズのクモリはいつの間にか取れて、真相は今となってはよくわからないですが、何だかこういうエピソードはいいなぁと思います。

祖父

祖父との別れ

祖父との別れ

先々月の5月13日、祖父が他界しました。90歳の一歩手前なので長生きではありましたが、もう少し話したかったことがあったのに最近はあまり会いに行かないまま、少し悔いの残る別れになってしまいました。

食卓の上のパンツ

別れはいつも突然かもしれないですが、今回は特にそんな気がしました。翌朝の我が実家の食卓には、何故かパンツが置いてありました。いつもはありません。たぶん。

リョウちゃん

急ピッチでお通夜・お葬式と進んで行くと、気持ちは段々と落ち着きました。別れのシステムってよくできてるなぁと思いました。

祖父の家のバラ

色々な行事を終えて帰って来ると、祖父の家には一輪のバラ。薄曇りのハッキリしない空の下に咲くバラがとても美しく思いました。

祖父の家のバラ

祖父との別れの日に、ちょっと思い出に残るいい写真が撮れたような気がしました。
ありがとう、おじいちゃん。

近江八幡(5/2)

常連になりそうな保健室

常連になりそうな
保健室

ヴォーリーズの学校の保健室は他の部屋にも増して光が溢れていて、ここの生徒だったら常連になってしまうかもしれない魅力的な保健室でした。



持ってたレンズだと上手く全景が入らなかったのですが、適度な量の美しい光が窓から入ってくるステキな保健室でした。


今は、隣の高校?中学だったかな?の吹奏楽部が練習に使ってるという体育館。
こんな良質な空間で練習してると、いい音が響いて気持ち良さそう。



近江八幡(5/2)

はじめてのヴォーリーズ建築

はじめての
ヴォーリーズ建築

話は前後しますが、今年のGWは特別予定はなく近場をウロチョロ。行ったことなかったので近江八幡に行き、これまで食わず嫌いしてたヴォーリーズ建築の扉を開ける。今、自分のムードがアンティークに傾いているのもあるけど、すごくよかった。


建具ひとつとってもちょっと変わったものを使っていて、面白い。ヒゲのようでかわいいです。


時代的なものもあるかもしれないですが、すごく優しく明るい空間が魅力的。


見方によっては刑務所みたいな最近の学校と違って、ヴォーリーズの学校はとても優しくて穏やかな雰囲気がステキでした。

奈良

奈良の鹿

一年に一度くらい

一年に一度くらい無性に行きたくなる奈良。鹿がいるのも魅力だけれど、きれいだけど新し過ぎない街並だったり、ゆったりとした雰囲気、商売っ気があまりないのが好き。

朽ちる

奈良のお寺は台風でも来たのかというくらい、ボロボロのものがあってびっくりする。でも、この朽ち方にゆったりしたものが感じられてイイなぁと思う。

夕暮れ散歩

余計なものがなくて、ゆったりして、居心地のいい奈良の街並。変わらないでほしいなぁと思います。

前のコト»

Category
Recent Entries
Tag Cloud

iPhone あじさい ぽんちょ わんこ カモ ハス ハト バス ベランダ モノクロ 下鴨神社 京都 京都タワー 京都御苑 埼玉 夕日 夕暮れ 奈良 子ども 峰っち 建築 新婚旅行 新緑 東本願寺 梅雨 沖縄 河原 田んぼ 祇園祭 糺の森 紅葉 結婚式 花火 蓮華寺 賀茂川 金沢 高野川 鴨川

kyotokoto Bookmarks

Thank you
for
visiting kyotokoto.
© 2009-2017 kyotokoto