kyotokoto

N° 35

Around Everyday Life.

スコップ

Leica M8 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Kanazawa 2016

先日のヨメと息子を迎えに行った際に乗った金沢の路面バス。さすが雪国、バスにはスコップが常備してありました。

サンダーバードに乗って

Leica M8 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Thunder Bird 2016

Leica M8 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Thunder Bird 2016

Leica M8 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Thunder Bird 2016

先日の土曜日についにヨメと息子が京都へ帰ってきました。日々、息子の成長を観察できるのは嬉しい反面、少し不安も…。今日までご飯や洗濯や息子の世話をしてくれた金沢のお父さん・お母さんに感謝です。前日に家の大掃除をしてから金沢へ行き、次の日に親子三人でサンダーバードのグリーン車に乗って帰ってきました。病院以外、まだほとんど外出していない息子を連れて外を歩くのはかなり緊張しました。幸い、電車の中でもおとなしく、無事に京都への帰還が完了!

Leica M8 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Home 2016

京都駅からタクシーに乗り、無事に我が家へ到着。それから何をしたかあまり覚えてないですが、ぽんちょは警戒して隠れてしまってました。おっぱいをあげて、沐浴して、今までと少し勝手の違う感じであっという間に一日が終わりました。いよいよ3人と1匹の新しい生活が始まります。

産まれた日

Leica M8 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Kanazawa 2016

11月17日の朝、我が子が生まれる日だというのに天気は雨。外は薄暗い。

Leica M8 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Kanazawa 2016

日々大きくなるヨメのお腹も今日で撮り納め。はじめは本当に少しぽっこりした程度だったのが、はち切れそうな不思議な形になった。

Leica M8 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Kanazawa 2016

午前中に入院し、心音を聞いたり、点滴を受けたり、着替えたり。午後からの手術(帝王切開)への準備が着々と進む。でも思っていたよりのんびりで、割とやることがない。病室にいてもジャマそうなので、スタバでジンジャーブレッドラテを飲み、なか卯でお昼ご飯を食べて、ヨメの実家に一旦帰宅。お父さんもスタンバイしていて、3人で病院へ戻る。

Leica M8 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Kanazawa 2016

Leica M8 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Kanazawa 2016

15時から手術が始まり、15分ほど経ったくらいに我が子と初対面!まだ目が開いていないくて、すごくちっちゃい。順調なら10分ほどで出ると聞いていたので、「まだかなぁ」「大丈夫かなぁ」と思っていた矢先だった。よかった。本当に良かった。ヨメも大丈夫そうだけど「今日は麻酔が効いているので、あまり話さないようにすぐ帰れ」と言われる。

Leica M8 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Kanazawa 2016

Leica M8 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Kanazawa 2016

朝から悪かった天気が息子が生まれた途端、きれいな夕方の光が差してきた(←ホントは途端ではないけど、そんな印象)。晴れ間が見えてきた空を見て、ホントに良かったともう一度思う。
好きなブロガーさんが、子どもさんの誕生日に毎年 空の写真を撮っているのを思い出し、早速真似して撮る。息子が生まれた日のきれいな青い空。

Leica M8 Voigtlaender COLOR SKOPAR 35mm f2.5, Kanazawa 2016

クルマでヨメの実家まで走っていると、すごくきれいな夕日が印象的だった。曲がる道を曲がり損ない、少し道に迷いながら無事に帰り着く。
11月17日15:09 無事に産まれました。50.5cm 3005g。ありがとう。お疲れ様。

Leica M8 Leitz Summitar 5cm f2, Kanazawa 2016

今日から金沢に来ています。今年は海に行けていないので、ビーチのある徳光パーキングでジャブジャブしました。海はやっぱり気持ちいいですね〜

Leica M8 Leitz Summitar 5cm f2, Kanazawa 2016

Leica M8 Leitz Summitar 5cm f2, Kanazawa 2016

Leica M8 Leitz Summitar 5cm f2, Kanazawa 2016

やはり海のある景色はいつもと違って、新鮮で楽しいです。

近江町市場

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

情熱大陸を見ていたら金沢の料亭がやっていました。ちょうどひがし茶屋街も映っていて、タイムリーです。

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

今回は近江町市場をたっぷりめに散歩しました。元々普通のお店とは違う哲学で作られた空間がとても面白いです。ホントは早朝とかに行くと、また違う姿が見れて面白いのかもしれません。

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

海鮮丼か寿司か悩みましたが、結局廻る寿司にしました。金沢の回転寿司は関西のものとはネタのレベルが全然違いますよね。あぁまた行きたい…

ひがし茶屋街

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

ひがし茶屋街に初めて行ったのは、もう4、5年いやもっと前かな。ひがし茶屋街を目的地に行くのはそれ以来。今回は特別行きたいところも、することもなかったので、ベタな観光をしてみたいと思いました。

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

ひがし茶屋街はキレイに整備・手入れされておりました。ちょっとキレイ過ぎてテーマパークっぽい感じもありました。その辺の力加減ってすごく難しいと思います。

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

硬めの暖簾にすごく雰囲気のあったお米屋さん。スゴイセンスの高さを感じます。

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

金沢は京都と比べてもやっぱりいい街ですね。なんか京都の方がガチャガチャしていて、余計なものが目につくような気がします。金沢最高!

八百萬本舗

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

ひがし茶屋街の手前にある「八百萬本舗」。前述のひゃくまんさんの家があったり、金沢のお土産を売っていたりします。

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

古い町家をリノベーションした作りは、とても素敵な空間。古いタンスなんかも上手く使われていて、見て回るだけでも楽しめました。

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

近江町市場からひがし茶屋街の一帯を歩くと、結構古い大きな建物が残っていて、とても魅力的でした。

ひゃくまんさん

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

金沢のゆるキャラ「ひゃくまんさん」。ひがし茶屋街を散策していると、そのひゃくまんさんがいました。ヨメ、太鼓持ちとしてひゃくまんさんと念願の共演。

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

このひゃくまんさん、ヨメが大好きで、すでに我が家にはひゃくまんさん柄のふきんがあります。このふきん、ふきんなのに汚すと怒られるという困りもの。偏愛とは恐ろしい…。

金沢の苔

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

今回の金沢旅行は上のお姉さんの娘さんと遊んでもらい、下のお姉さんの長男出産にお祝いに行ったり。前半2日はあまり写真も撮らずのんびりしていました。もっと撮っとけばよかったかな。

峰っちと散歩

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

Sigma DP2 Merrill, Kanazawa 2016

金沢で久しぶりに峰っちと散歩。ほとんど誰も外を歩いていない中の散歩。段々雨→みぞれが降ってきたので、ほぼ写真も撮らずに退却。金沢の寒さは、やはりワンランク上でした。

前のコト»

Category
Recent Entries
Tag Cloud

iPhone あじさい ぽんちょ わんこ カモ ハス ハト ベランダ モノクロ 下鴨神社 京都 京都タワー 京都御苑 京都駅 埼玉 夕日 夕暮れ 奈良 子ども 宝ケ池公園 峰っち 建築 新婚旅行 新緑 東本願寺 梅雨 沖縄 河原 田んぼ 祇園祭 糺の森 紅葉 結婚式 花火 賀茂川 金沢 高野川 鴨川

kyotokoto Bookmarks

Thank you for visiting kyotokoto.
© 2007-2017 kyotokoto