kyotokoto

N° 36

- Around Everyday Life

南丹市花火大会

南丹市花火大会

年に一度

おう9月が終わろうとしてますが8月の話。
8月のお盆、年に一度のお楽しみ。八木で行われる南丹市花火大会に、今年は行くことができました。

南丹市花火大会
南丹市花火大会

「わしの花火大会、今年も集まったな」と言ってそうな雰囲気漂う背中。

南丹市花火大会

フィルムではじめて花火を撮りました。あまり上手くは撮れませんでしたが、デジタルとは違う、少し湿度が感じられる写真になりました。同じ様に撮っているのに面白いです。

南丹市花火大会

やっぱり夏の花火は格別です。来年もまた行きたいなぁ。

2012.9.7

南丹 八木の花火大会

いつも通り、少し長めの挨拶の後に始まった南丹 八木の花火大会。
今年も三脚でノーファインダー、バルブ撮影なのでだいぶテキトーです。

八木の花火は規模こそそれほど大きくはないですが、結構目の前で大きな花火が打ち上げられるので、スゴく迫力を感じます。淀川や琵琶湖の花火とはまた違った迫力が楽しいのです。

今年もたくさん撮ったものの、なんか花火だけを撮ってもあまり良くないなと反省しました。

ぶれちゃったけど、人とか入ってる方がなんかいいなぁと。来年の課題にしよう。

段々と乱れうちが始まり、いよいよクライマックス。

ナイアガラ!

何とも怪しげな写真になりました。

ナイアガラが儚く消えていきそうになると、ホントのクライマックス花火です。
毎年そうですが、ここはもう「おぉぉーーー!」と思わず叫んでしまう気持ちよさ。

写真的には平凡ですが、今年もいい花火が見れました。

ちなみにこの後、花火が終わった帰り道、急に雨が降ってきたのでした。
花火の間、持ちこたえてくれたことに感謝!やっぱり夏は花火!来年も行こう!

 

2012.9.6

花火大会の前に

今年もわざわざ当日に金沢から帰ってきて、行ってきました南丹 八木の花火大会。
金沢からの帰りに大豪雨に遭ったんですが、花火へ向かう頃には天気も回復。
電車を待つ二条駅 ホームの陰影が美しかった!

会場に着く頃には少し青空も。

昨年の反省から今回はお腹の調子をベストに整えたので安心安心。
おにぎり食べたり、焼きそば食べたりしながらのんびり待ちます。

いよいよ暗くなってくると露店も際立ち、さらにテンションアップ。

隣の男の子のりんご飴がうらやましかったのか、ヨメさんがりんご飴を買ってきました。
iPhoneで撮影しようとしたみたいですが、上手くいかず、僕に回ってきましたのでiPhoneライティングで撮影。

今年は何故か花火が始まるまでの時間、狂言が披露されていました。
後ろで花火上がってたほうがかっこいいかも。

「花火をあげて下さい」という明らかに、無線と放送を間違えてるアナウンスと共に花火開始!
今年もジュバジュバっと「ようこそ南丹八木へ」と火が灯りました。

次回へ続きます〜

2012.9.1

お盆休み

お盆休みはヨメさんの実家 金沢に帰省。
夜は雰囲気がかっこいいご飯屋さんでみんなでディナー。
今回はお姉さんにトゲが刺さることなく、無事ディナーを終えました。

トゲが刺さってない方のお姉さんの愛娘 かにゃんちゃんをグラビアモデル並みに撮影したけど、かわいいし、だいぶ大きくなってきたのでここには載せません。ごめんねごめんねー。

金沢と言えば、やはり峰っち。
今回は僕が一人で家に着いた時、他のみんなにやるのと同じ様に飛びついて歓迎してくれました!

峰っちの中では僕よりも新参者の、トゲが刺さった方のお姉さんの旦那さん(お父さんの呼び名では「おじさん」)が来てたので、峰っちは家の中だけどリードで固定。うらめしそうな、可愛らしい顔でみんながいる方を見ておりました。

峰っち内ランキングはずっと僕が最下位だったので、ヨメ(僕よりランクがひとつだけ上)が「噛まれてしまえ」とニヤニヤ、ちょっと期待しながら言う気持ちが、少しわかりました。

その後は、家の前で花火。

前日もしたらしいのですが、僕がやりたいと何度も言ったせいかこの日も開催。

まわりで相当数の大人が警戒しながら、かにゃんが楽しそうに花火しておりました。

でも、最近の花火ってびっくりするくらい早く終わっちゃう。
点いたと思ったら消えるので、ちょっとかわいそうでした。

2011.8.16

南丹 やぎの花火大会

さあ、今年もやってきました「南丹 八木の花火大会」。
昨年初めて行って、全然知らなかったのに規模が大きくて、今年も来てしまいました。

ブログ仲間のひろひろさん一家も来ていたんですが、着いてすぐヨメさんがトイレに並び、その間に僕の腹の調子も悪くなり…としてるうちに会場でソフトバンクが使えなくなってしまい、結局会えないまま…ひろひろさんごめんなさい。

ひろひろさんバージョンの八木の花火大会はこちらです〜

まあ、トイレの話は置いといて、今回からヨメさんがフライング30でくれた新レンズで撮影です。
望遠だから、月も大きく撮れる!段々と山の向こうから月が上ってくるのがキレイでした。

川沿いに出ていて出店と月。

目の前の川には灯籠が流され、なかなかいい雰囲気。

少し長めのスピーチのあと、ついに花火スタート!

今年は、もう三度目の花火大会。

そろそろ花火の勉強して、青玉スターマインとか書けるようにしないと…

八木の花火大会はすごく目の前で上がる感じがします。
大きさでいうと淀川とか琵琶湖より小さいかもしれないですが、体感的には全く負けてない!

あまりの爆音に、隣で見ていた赤ちゃんは泣き出してしまい、途中で退場していました。

今回のベストショット!
河原から吹き出す花火と打ち上げ花火のコンビネーションはホントスゴいのです。

READ ME MORE

2011.8.9

びわ湖花火大会 2

びわ湖花火大会の後半です。
頭上を埋める青い花火。

この一瞬が本当にきれいだった!
カラフルな花火達。

段々と密度が増して行き、クライマックスへの期待が高まります。

残念ながら湖面に映る花火は見れなかったんですが、地響きを引き起こすすんごい音がしてました。

もう何が映っているのかよくわからない。

そしていよいよクライマックス!
準備はしてたつもりなんですが、やっぱり明るくなり過ぎてうまく撮れなかった!
恐るべしクライマックス。

ホントにスゴい迫力、すべて吹き飛ぶひとときでした。(実際仕事の電話に全く気づかなかった)

帰りも意外とスムーズで、滋賀県民の同僚のアドバイスに従い、JR大津京まで行くと混んではいたものの、すんなり電車に乗れて21時半には普通に京都に帰って来れました。
やっぱ花火サイコー!!

びわ湖花火大会 1

念願のびわ湖花火大会に行ってきました。

定時で真面目に働く同僚を残し、ダッシュ!
地下鉄から東西線に乗り替えて浜大津まで。浜大津の駅がとんでもなく混んでいたので、ひとつ隣の駅まで行き歩いて浜大津の方へ戻り、広場っぽいところにたどり着き花火が本格スタート!

何の計画もなく歩いて行ったわりには、スゴくいいところで見れました!
視界いっぱいに三つくらいの花火が並んで打ち上がるのが大迫力。

淀川の花火よりもスゴく近くに見えました。

この斜めに、ピューと打ち上がるのが面白かったです。

あくまで自己評価ですが、淀川よりはいい感じに撮れたかなと。

視界いっぱいに、幅広く花火が打ちあがるのがよかったなぁ〜

三色の花火。

へ続きます。

2011.8.7

2011年 淀川花火大会

今年はバルブ撮影メインで行きました。
ただ、顔はしっかりと花火見て指だけカメラです。

生で見る花火はホントにヤミツキ!
日々のストレスも爽快に吹き飛ばす音が心地イイ!!

でも今回もあんまりコレという写真は撮れませんでした。

例年よりも下の花火の規模が大きかった気がしました。
水面に映る花火を見たかった!

花火、ホント好きだなぁ〜

もうクライマックスは予想をさらに超えるスゴさで、写りませんでした…

で、ヨメさんがiPhoneで撮った動画がきれいだったので載せときます〜
動画は…ずるいなぁ。でもきれいだぁ〜

次回はiPhoneには負けない写真を撮りたい…

2010.8.16

南丹市やぎの花火 3

南丹市やぎの花火

南丹市やぎの花火大会はいよいよ佳境へ!
頭上を覆い尽くす花火がド迫力!!

南丹市やぎの花火

南丹市やぎの花火

南丹市やぎの花火

南丹市やぎの花火

南丹市やぎの花火

目玉はやっぱりナイアガラ!
たぶん初めて見たんですが、シュワーって横に広がっていくのが面白い。

南丹市やぎの花火

オーロラの様に輝いて映ったナイアガラ。

南丹市やぎの花火

目の前に川があるので、川に映る花火がキレイでした。

南丹市やぎの花火

ナイアガラは意外としっとりした感じ。
このまましんみり終るのかなぁと思ってたら、来ました。最後に特大ド迫力。

南丹市やぎの花火

ナイアガラを最大ズームで撮ってたので、ズームを戻すのが間に合わず。
最後の花火は撮れず。もう、頭の上いっぱいに花火が広がって、スゴかった〜

花火で明るくなったせいか、花火が終ったあと蝉が鳴き始めました。

南丹市やぎの花火

帰り道は狭いので、ホームに入場制限がかかったりして電車乗るまでは混んでたものの、10分弱並んでたらすんなりと乗れて運良く座って帰ることができました。

ちょっと駅が小さいために混んでしまうけど、規模は結構大きいし、京都から行くならオススメの花火大会だなぁと思いました。来年も行きたい!

京都 南丹市やぎの花火大会 12・3

南丹市やぎの花火 2

南丹市やぎの花火

南丹市やぎの花火大会は少し変わっていて、花火を上げる前にグループごとでスポンサーの紹介があります。まあ、正直紹介が結構長いし煩わしくもありますが、ローカルに支えれている花火大会って感じがして楽しかった。中には何とか小学校 第○期 有志一同みたいなのもあったりして面白い。

南丹市やぎの花火

花火自体は、見たことないくらい近い距離で上がるのでド迫力!
火花が降ってくるようで、楽しかった!!

南丹市やぎの花火

今回も淀川の時と同様、顔と目は花火で手だけシャッターなので構図とかはほぼ適当です。
花火に行く前に本屋で立ち読みして、初めてのバルブ撮影(シャッター押してる間中、露光する撮り方)に挑戦。

南丹市やぎの花火

淀川の花火の時とは違い、ちょっと流れたような写真になってます。

南丹市やぎの花火

でも、次々と上がる花火にシャッターを閉じるタイミングがわからず、重なりまくる。

南丹市やぎの花火

川の向こうに三カ所くらい、打ち上げ場所がありドンドンと打ち上げられていました。

南丹市やぎの花火

南丹市やぎの花火

そして、花火大会はいよいよクライマックスへ!

京都 南丹市やぎの花火大会 1・2・3

前のコト»

Category
Recent Entries
Tag Cloud

iPhone あじさい ぽんちょ わんこ カモ ハス ハト バス ベランダ モノクロ 下鴨神社 京都 京都タワー 京都御苑 京都駅 埼玉 夕日 夕暮れ 奈良 子ども 峰っち 建築 新婚旅行 新緑 東本願寺 梅雨 沖縄 河原 田んぼ 祇園祭 糺の森 紅葉 結婚式 花火 賀茂川 金沢 高野川 鴨川

kyotokoto Bookmarks

Thank you
for
visiting kyotokoto.
© 2009-2017 kyotokoto