kyotokoto

N° 36

Around Everyday Life

Oct 27, 2012

2012.10.27

温泉からの六甲山牧場

夕食の途中で寝てしまい、22時くらいに二度目の温泉。
翌朝はすっきり気持ちのいい目覚め&天気。

規則正しい生活の甥っ子 けんぼーに合わせてまずは朝食。

エレベーターを待つジジ(父)とけんぼー。
けんぼーはジジ大好きのようで、終止「じじー」と言っておりました。

意味は1/3くらいしかわからないけど、よくしゃべっておりました。
どこかへ行って戻って来ると、「また、きた」と言われます。

そんなこんなで朝食を終えて、もう一度 温泉。(父母はけんちゃんと散歩)
この日は何かイベントがあるらしく、ものすごい数の紙袋がきれいな円弧を描いて並べられていました。これはまさにプロの技。

その後、車でビュッと六甲山牧場へ。

すると、両手にソフトクリームの父。
すごく食いしん坊そうに見えますが、僕ら二人にソフトクリームを買ってきてくれたのでした。

けんぼーは羊をはじめ、動物に夢中。

羊を見つけると「もふもふちゃ〜ん」と嬉しそうでした。

知らない人は怖がるのに、羊はまったく怖がらず耳をぺんぺんしていました。

この日はホントに天気が良くて写真日和。
気持ちのいい一日でした。

昼ご飯の順番を待つ間、仲良く羊を見る二人。
父上の人生最初で最後のモテ期がキターーー。

以上、久しぶりの家族旅行でした。

 

 

2010.5.27

モンサンミッシェルのひつじ達

モンサンミッシェルのひつじ

TGVを予約していなかったため、少し予定が狂いもう一日モンサンミッシェル観光になったパリ3日目。
ホテルの窓から羊が走ってるのが見えて、その辺に羊がいるんかなぁと思ってたら、昨日歩いていたところが羊でいっぱい。

ひつじ達

まさかの光景に大興奮!走って行って写真を撮りました。
こんな光景、日本ではなかなか観られない!
午前中の比較的早い時間でしたが、わざわざ止まって写真タイムを取っている観光バスもありました。

プレサレ

あとでわかったことですが、このひつじ達は「プレサレ」という、この地方の草だけを食べて育つブランド羊らしい。羊飼い一人だけで、このたくさんのひつじ達を誘導するらしい。

まるいおしり

まるいおしりとモンサンミッシェルの記念撮影。

かわいい子羊

唯一カメラ目線に答えてくれたかわいい子羊。

かわいい子羊

観れて良かった〜

確かではないですが、僕らが日本のツアーで来た時は12:30くらいに到着で、もうそのときは羊はいませんでした。
ので、泊まるか何らかの別ルートで来て朝早ければ見れるのかもしれません。

2008.11.7

魔法のブログ

さいきんさいきん、あるWebサイトに魔法のブログがあったそうな。

そのブログにほしいものをかくと、ほしいものをゲットできるそうな。

 

というわけで買ってしまいました。LX3。(まだかっこ悪いまま)

彼女に「ブログに書けば、買っていいってわけやないからね」と怒られつつヨドバシで値切りました。他店のかなり入念なリサーチと我慢の交渉の末、約1万円ダウン+ポイント5%アップ。

ブログやってて良かった。

 

先週末は気分転換も兼ね、ニューカメラを首から下げて滋賀のブルーメの丘へ。

カメラは軽いけど写真はキレイに撮れる。うれしい!

JR近江八幡駅からバスで揺られること50分。

バスの中が僕たち以外誰もいなくなって、二駅くらい行ったところにありました。

わざわざそんな遠いところまで行った目的のひとつがコスモス畑。

もう終盤みたいだったけど、キレイな青空バックに咲くピンクのコスモスはとても絵になります。がんばれば蜷川実花っぽい色になりそう。

目的その2が動物とのふれあい。あまりふれあいはなかったけど、羊とか馬とか犬とか猫とか動物達を見てるのは楽しかった。

なんとも開けたところで日本っぽくない写真が撮れました。

きれいな羊の瞳に見とれ、子供に混じり草滑りにエキサイトした我々20代後半の大人は、あろうことか、ブルーメの丘内にある安藤忠雄の小さな美術館を見るのを忘れました。(見るのを忘れたのもさっき思い出しました)

がっかり。

せっかくなので見たかったのに…

 

めでたし。めでたし。

Category
Recent Entries
Tag Cloud

iPhone あじさい ぽんちょ わんこ カモ ハス ハト バス ベランダ モノクロ 下鴨神社 京都 京都御苑 京都駅 埼玉 夕日 夕暮れ 奈良 子ども 峰っち 建築 新婚旅行 新緑 東本願寺 梅雨 沖縄 河原 田んぼ 祇園祭 糺の森 紅葉 結婚式 花火 蓮華寺 賀茂川 金沢 高野川 鴨川

kyotokoto Bookmarks

Thank you
for
visiting kyotokoto.
© 2009-2019 kyotokoto